デバイスの数を把握する|Googleアナリティクス を使う前に手順の確認をしましょう

Googleアナリティクス を使う前に手順の確認をしましょう

システム

デバイスの数を把握する

グラフ

企業が管理しているホームページなどメディア媒体を使って広告や商品の販売を行なっている場合、どういった人が使っているのか、どこからアクセスしているのかなどを把握して、その状況に合わせて改善をしていく必要があります。しかし、個人の力だけでアクセス時に使っているデバイス情報を集めることは手間がかかります。日々、使っている人の数やデバイスの種類をリアルタイムで知ることができれば、いち早く行動することができるでしょう。その為にも、Googleアナリティクスを使ってリアルタイムの状況を分析することが大切です。Googleアナリティクスにあるユーザーという項目からサマリーという項目を選択し、モバイルを選びます。モバイルを開いたら、そこにはアクセス時に使ったデバイスの種類と数が表示されます。デバイスの種類は主に、デスクトップ、モバイル、タブレットの項目があります。

しかし、なせデバイスの種類をGoogleアナリティクスを使って把握する必要があるのでしょうか。デバイスの種類を常に観察することができればホームページにアクセルするとき、どのデバイスを使っているかによってホームページの見え方が異なるからです。デスクトップ用に作ったサイトを、モバイルから閲覧すると、画像が表示されなかったり、配置がバラバラになったりするので必要な情報を探す前に諦めて閉じてしまいます。そのため、よりアクセス数の多いデバイスのタイプに合わせて作った方は、アクセスを上げることができ、より多くの人に見てもらうことができるのです。そのため、Googleアナリティクスを使ってデバイスの種類を分析することは、とても大切な事といえるでしょう。