用語の意味を覚える|Googleアナリティクス を使う前に手順の確認をしましょう

Googleアナリティクス を使う前に手順の確認をしましょう

システム

用語の意味を覚える

女性

Googleアナリティクスを使っていると、いろんな数字を管理する必要が出てきます。この数字はとても大切な情報の一つですから、意味をしっかりと理解しておかなければいけません。例えば、全体のユーザーを把握するために必要な数字はサマリーという項目部分で確認することができます。ここでは、一定の期間内にどれだけの人が、自社のホームページに訪れているのか確認することができます。期間を設定することで、一か月あたりの訪問者数を簡単に調べることも可能です。Googleアナリティクスでは、数字だけではなくグラフも使って表記されているので、一目で判断することができるでしょう。このように、グラフにして表すことができれば、そのまま会議の資料として使うこともできるので、とても便利です。

Googleアナリティクスを上手く利用してアクセス数を上げるためには、用語をしっかりと覚えて数字がどのような意味を表しているのか知っておかなければいけません。沢山の数字が羅列されているので、最初は必要最低限の数字の意味を覚えるようにしましょう。まず覚えておきたい数字の意味はセッションです。セッションとは、企業が管理しているホームページに人が何回訪問したのかを表しています。そのため、セッションの数が多ければ多いほど、何回もサイトを見ている人がいると判断できます。その次に大切な用語はユーザーです。ユーザーとはそのホームページに訪れた人の数を指します。そのため、一人の人が同じサイトを数回訪れてもユーザーの数は増えません。しかし、ユーザーの数が多ければ多いほど沢山の人が閲覧していることを確認できるので、多くの人に見てほしい場合は、Googleアナリティクスでユーザー数の伸びを確認してみると良いでしょう。